検索フォーム

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

メルヘンペイント 保存版

2017-06-28

DSC06149.jpg
メルヘンペイントの特徴
1、メルヘンペイントはふっくら盛り上がって艶が出る粘度のある液体で他の艶出し液にはないボリューム感と光沢が表現できます。平面の絵に塗るとこんもりした立体感と光沢がつき、絵柄の色は濡れたよう鮮明になります。3Dの場合はモデラーによる不揃いな丸みでもこの液を乗せると艶の効果で美しく整えることが可能です。
2、時間差をつけて塗るとメリハリのある光沢仕上げが出来ます。乾燥前の液は白っぽいですが乾くと透明になります。例えば先ず葉の半分に塗って(20分位)乾かしてから残りの部分に塗ると葉脈の筋(くぼみ)が表現できます。隣同士の絵柄は液が繋がらないように時間差をつけて塗るとその効果が生かされます。
3、スプレーニスや樹脂仕上げで穴が開いてしまった場合、通常補正は大変難しいですがその部分を目立たなくすることができます。この場合背景の大きい部分ではなく花弁や葉の小さい面積で施すのが原則です。一回では液の吸湿の違いにより凹凸が残ることが多いので一度乾かしてから二層目でカバーしてください。(そもそも穴が開く理由の第一はシリコンボンドの付着なので使わないことが美しい仕上げの早道です)
4、丸みを強くつけた為、絵柄の縁に細かい放射状の皺が出てしまった時、この液をエッジ(皺の部分)に塗ると 艶の効果で皺が目立たなくなります。(例 花弁の縁)
5、通常細か過ぎて貼るのが難しい小さな目やボタン、服の模様、雄蕊の先端などに塗るとボリュームが出ます。切って貼るより手軽にボリューム感と光沢が付くので作品に変化が出せます。
6、通常細過ぎて裏から押せない細い枝や動物の毛並や草に塗ると円柱の艶が出て立体的になります。髪や草などに塗る際はまず隙間を空けながら細く塗り、乾いてから間に細く塗っていくと繊細な表現が可能です。
7、ニスの掛かり難い絵柄の重なりの奥の補正に使えます。立体作品の仕上げにスプレーニスで艶をつける場合霧状に吹く為どうしてもムラが出ます。この液を塗るとバラつきのない光沢仕上げになります。
8、グロスのスプレーニスでも艶が出せないマットな紙質のプリントでもこの液を塗れば光沢が出せます。その場合予め必ずスプレーニスやフィキサチフ等をかけて表面をコートし、乾かしてから使って下さい。ドナルドアートのアントンの絵などは部分的に光沢を付けマットな部分と対比させる仕上げも面白いです。
9 油性ニスやアクリル系ニスを掛けたらプリントの(染料)インクが溶けて艶が出せない絵柄にも この液で仕上げると溶け出さずに艶を付けられることがあります。ただし予め不要な絵柄部分でお試しの上自己責任で仕上げてください。ペイント液の吸湿がある為しっかりつけた丸みでも反るリスクがあります。
10 品名 合成樹脂エマルジョン塗料  成分 アクリル系共重合品
気になる匂いもなく揮発性でない為、室内でも使えます。皮膚にはつけないようにして下さい。お子様の手の届かない場所で使い保管してください。室温5度以上に置いてください。   
                                                    
メルヘンペイントの使い方

 ・使う前の前提としてスプレーニスを掛けた作品にご利用ください。紙の素地のままこの液を塗るとせっかくつけた丸みが反る場合があります。
 ・平面の絵に用いる場合は絵の厚みや紙質によりますので予め不要な部分でお試しの上作ご使用下さい。

1、キャップはお子様にいたずらされない方式です。
蓋をやや強く押しながら時計と反対の向きに回すと開きます。
2、先端が細いノズル状になっています。泡の確認をしやすいように半透明の容器とシールを採用しました。使い始めはノズルの先を見ながら泡がない液を乗せるようにして下さい。艶を出したい部分の縁から縁にムラなく泡を入れないように塗ります。端から端まできちんと艶が均一に乗り、溢れない程度にこんもりしたかを確認しましょう。泡が入ったら直後に取り除きます。心配でしたらまず不要な紙に葉の模様などを描いて先端から出てくる液の具合を確かめて下さい。小さなドット模様等どの位の大きさから塗れるか大きさを変えながら試し塗すると液を出す加減が掴めます。全く難しい作業ではありませんがある程度の根気と注意力、慣れは必要だと思います。
3 時間差で葉の半分ずつを仕上げる場合片側が乾くまで20分程度かかります。透明感が乾燥の目安です。
4 3Dシャドーボックスに光沢をつける際は紙片に角度が付くことがあるため、乾かす絵柄が水平になるように角度をつけて乾かす必要があります。それを調整しないと被膜に偏りが出ます。
5 乾く前はやや白濁した粘度のある液体ですが乾くとほぼ透明になり、光沢は塗った直後よりやや被膜が下がって少し落ち着いた印象になっていきます。時間が経っても黄変した経験はありませんが作品は日光や蛍光灯の光にさらさないのが賢明です。
6 塗った被膜が厚すぎると中心部分が乾燥しきれず白く残る場合があります。小さなこんもりとさせたい滴などは一気に盛り上げず、被膜を何回かに分けて乾かしながら丸く塗って下さい。乾燥には紙質のほか湿度や温度の影響もあります。予めその日の乾燥具合を確かめてから塗ってください。
7 作品の光沢仕上げに用いる場合、必ず不要な部分でお試しの上お使いください。
カラーコピーでなく正規に印刷されたプリントに使うのが原則です。その場合でも箔印刷、鏡面加工、和紙など特殊な紙質では輝きや風合いが損なわれる可能性があります。
meruhenpeint400.jpg
蓋の色は11色あります。価格は一本30g入り 税抜1000円です。送料は160円です。ヤマトDM便2㎝でお送りします。
メルヘンシャドーボックスだけが取り扱っています。(ABCクラフト枚方店に在庫する場合があります)
ご注文はこちら ネットショップでどうぞ。

動画はこちらにございます
関連記事
スポンサーサイト

季節の作品

展示会のご案内

2017-02-07

2018年は4月に新宿京王プラザホテルで3DSBA合同展を開催予定です。


2017年は3月末に北千住マルイ11階でで教室展を開催いたします。
門下約40名と制作した作品が約120点並びます。
是非御高覧ください。

おかげさまで盛況のうち終了しました。ご高覧ありがとうございました。

meruhenDM400.jpg

meruhen 401

4月中旬には銀座伊東屋インスピレーションホールで
3DSBA合同展に参加の予定です。

くまもん募金も20万以上となり皆様に感謝申し上げます。
シャドーボックスの新しい魅力の伝わる作品が並んでいたと
お客様から好評でした。

展示会情報

道具:モデラー

2016-06-15

道具と技術のコラム

■今回はモデラーに焦点をあてて。

シャドーボックスでは紙片に丸みを付けるためいくつかの道具を使います。
教室によって様々な物を使うようです。

皺が出来ないようにするための第一歩がモデラー選びだと言えます。

私が最初にアメリカで買ったのはエグザクト社(X-ACTO)のモデラーでした。
先端の形状が最もなじむのですが、残念ながら廃番です。 (写真の一番下がエグザクト社製)
モデラー


廃番になったこれをかたどって日本で普及させたいという夢を持っています。
こういった物を作る技術のある方ご存知の方がいらっしゃったらご紹介下さい。
100本程度でも作ってもらえるでしょうか?
(知り合いの先生方に協力して頂いたら1000本くらい作っても大丈夫だと思います。 )


さて、少し話が脱線しましたが、今まで試したモデラーはいくつもあったのですが

青い色のモデラーは、力を入れると金属部分がまわる
黒い色のモデラーは、黒のラバーの部分が動く

等、先端の形が良く、力を入れても問題ないという点を兼ね備えたものは中々思うように手に入りませんでした。


今のところ最もアメリカの形状に近く作りがしっかりしているのが
先の細いモデラー(先端の金属の仕上げが尖っている) と呼んでいるものです。

お教室で使っているモデラー
お教室で使っているモデラー


「大は小を兼ねる」と言いますがモデラーの場合は逆で
細かい部分が押せたら大きい部分の形状も押せるので重宝です。

スプーン状のモデラーで繊細な物に丸みを付けるのは難しいと私は思っています。

「親の仇」を合言葉に強く押しつけましょう。
少ない回数で確実に!

モデラーの使用



特殊な道具ですので、一本だけですと手に入りにくく、全国からご注文を頂いております。
太さが1㎝以上なのでメール便で160円かかってしまいますが欲しい方はネットショップでご注文ください。
メルヘンシャドーボックスOnlineShop
関連記事

道具と技術のコラム

道具:最初に揃えたい物一覧

2016-06-15

道具と技術のコラム
シャドーボックスを作り始める上で、そろえておきたいお道具。

カッター 一本とっても、種類が豊富にあるので「良いモノ」 「使いにくいモノ」 ピンきりですが、まずは以下の物があれば、作り始めることができます。

全て専用のものを1から揃える場合は、約1万円程度の費用がかかります。
※お教室の場合は持っている道具を生かして、不足を買い足していただく形になります。お教室にいらしてからでも全て揃えられるようになっていますので、無くても心配いりません。


■シャドーボックスで最初に揃えたい用具一覧

■切る道具
はさみ(細かい物が切れる小回りの効くもの)
カッター(デザインナイフ)と替え刃
カッター台



■白く光った切口を処理する道具 
色塗り道具(手に入りにくいのでお教室にきてからご相談下さい)

■紙に丸み・すじをつける道具
モデラー各種(手に入りにくいのでお教室にきてからご相談下さい)
モデラーマット(手に入りにくいのでお教室にきてからご相談下さい)
スタイラス
精密ピンセット(鶴口ピンセット)
お教室で使っているモデラーお教室で使っているスタイラス

■紙をはる・立体的に見せる道具
木工用ボンド(手に入りにくいのでお教室にきてからご相談下さい)
粘着スチロール=糊つきスチレンボード(少量切り分けできますのでお教室にきてからご相談下さい)
補強用針金(手に入りにくいのでお教室にきてからご相談下さい)
両面テープ
30cm金属定規

お教室で使っているスチロール

■仕上げのつやだし
アクリルスプレーニス
お教室で使っているニス
道具について説明する動画を添付しました。こちらはDVDから一部ご紹介しています。

この動画を作ってから数年経っていますので
その後シリコンボンド→厚みの違う粘着スチロール5種
鉛筆 マーカー→教室独自の水性の彩色方法に変更になっています。
木工ボンドも更に先端の細い物をネットショップでご用意しています。
モデラーマットは数年前に製造中止となり良い弾力の物は販売されていませんが
私の教室に参加した方には100円で販売しております。

(※参考画像amazonより および 実際に使っているものの写真)
(※リンク先は手に入れることの出来るamazonもしくはネットショップ。詳細情報の参考に。)
関連記事

道具と技術のコラム

道具:カッター

2016-06-01

道具と技術のコラム

■今回はカッターに焦点をあてて。

シャドーボックスではまず絵柄を切りますが通常使う道具はカッターか鋏になります。

デコパージュを起源とするというシャドーボックスはカッターの中でも、デザインナイフと言われる替え刃式の柄が鉛筆程度の太さの物を使います。

メーカーは国産でもいくつかありますが普及しているのは


黒い柄のNT社

(※参考画像amazonより。リンクはamazonに飛びます)

バラの棘はNT社ので切ります。
折れやすいですが刃が薄いので繊細な作業にむいています。


黄色い柄のオルファ社

(※参考画像amazonより。リンクはamazonに飛びます)


替え刃は尖ったほうの30度を使いましょう。(45度もあります)


私はアメリカ製のエグザクト社を揃えていますがそれぞれ一長一短あります。

エグザクトは刃が長く強く尖っています。少し高価です。
NT社は安価で近所で手に入りやすいですが、刃が薄く折れやすいです。
オルファもホームセンターなどで買えてカッターとして定評があります。


古い刃折れた刃の始末は専用の容器もありますが手軽にはマグネットに貼りつけて置きましょう。


関連記事

道具と技術のコラム

外部リンク

2015-11-08

当サイトはリンクフリーです。
 サイト名:メルヘンシャドーボックス 
 URL:http://mhshadow2.blog.fc2.com/ 
 管理人:kazumi

お教室の生徒さんのサイト
 atelier Cherir
 生徒のM様のブログ

3DSBA 日本シャドーボックスアート協会
 3DSBA 日本シャドーボックスアート協会公式HP
 普及・発展を目的に合同展を開催しています。
 さいたま市拠点で活躍する開高先生は、
 切手やパーチメント、LED等を取り入れています。
 全国規模でシャドーアートを普及しています。
 橋本不二子先生などのプリントが素敵です。
 ユニークなプリントや額を提案している、
 世田谷の田中先生のサイトです。
 優しいお人柄で知られる矢吹先生は、
 東京・福島でご活躍中です。
 緻密で生命感のある作品作りに定評のある、
 澁谷先生のサイトです。

シャドーボックスアート関連のサイト
 パワフルなリーダーシップで活躍する関口先生の
 サイトです。海外直輸入のプリントも入手できます。
 名古屋でご活躍の高橋美華さんのサイトです。
 アメリカ仕込みの素敵な作品が一杯です。
 ロスアンゼルスから世界へ向けてシャドーボックスの普及に
 努める林裕子さんのサイトです。
 若々しく垢抜けした お洒落な作品が特徴の、
 小林先生のサイトです。

外部リンク

特別講習 開催予定日 年間スケジュール

2015-11-07

header06.png

2017年の二つの展示会の為前半は講習を開催できませんでしたがリクエストにより8月から復活いたしますす。

リクエスト頂ければ8月5日(土)

と10月1日 12月2日 3日は開催可能です。また他にも海外から参加する場合などできるだけご希望に沿いますのでご相談ください。

関連記事

特別講習

中上級者向け 特別講習

2015-01-01

header01.png

中上級者向け ブラッシュアップ特別講習のご案内
ここ数年は、年間数名の希望者が飛行機、新幹線を乗り継いで習いにいらっしゃいます。
遠方にお住まいの方の為に 朝10時から夕方5時まで昼食おやつ付で行います。
ブログ等では決して明かさないモデラーの奥義や、樹脂掛け等もお教えします。
(尚教室主宰者の受講はご遠慮下さい。)

参加費はお一人一日につき1万円です。
各回2名~5名で開催いたします。

偶数月 第1土曜日 10時~5時(昼食おやつ付)レッスン時間は 6時間です。
(開催日程やレッスン内容詳細は、ご相談しながら出来るだけご希望に沿ったものに致します。)
2016年は8月と10月に開催予定です。
>>特別講習年間スケジュール

DSC09013.jpg

●樹脂がけ講習●
尚、樹脂がけ講習は2日にかけてトールペイントの基礎から学ぶ為、参加は2日間となります。
その場合は2回に分けて頂くか、泊まりがけで金曜土曜 または土曜日曜でご参加ください。
樹脂で仕上げた作品は乾燥に数日を要し、講習当日は持ち帰れませんので後日郵送となります。
絵柄に合わせて複雑な木のカットができますのでオリジナルウッドもご用意します。
例えばハーブリースを木の土台に組み立てて樹脂がけをしたいなどでしたら
事前にご連絡ください。作品は出来上がっている状態が望ましいです。効率良いレッスン内容を検討致します。

特にご希望がない場合は、樹脂のマグネットやメジャーを作りながら、トールと樹脂がけの基礎を学びます。
jyushi.jpg DSC06708.jpg
>>お問い合わせ
>>自宅教室アクセス詳細
関連記事

特別講習

【お教室の庭】12月のクリスマス飾り

2014-12-05

12月のクリスマス飾り
今回はお庭・・・ではなく、クリスマス飾りの紹介です。
我が家では毎年11月末からツリーやオーナメントを飾ります。

玄関のリースはパッチワークのパフの手法で作っています。
面倒見の良い上司の奥様に滞米中教わりました。
直径約40cmの土台にフェイクのポインセチアなどにぎやかにとめつけています。

子供が小さい頃大好評だったトップのお星様は、キットを手作りしました。
プラスティックのキャンバスをつないでから刺繍をしてレースを縁どっています。
(後ろのクラウドヴァランスも私の手作りです。)

クリスマスセールでゲットした組み立て式のツリーは毎年オーナメントを買い足してます。

白いリボンのオーナメントは、四谷の東京堂でリボンを買って作ったもの。
リボン中央は毎年両親と行く山中湖畔で拾った松ぼっくりを使っています。

リボンの作り方(1個分)
(出来上がり寸法は縦15横12cm)

縁にワイヤーの入った幅6から7cmのリボンを50cm用意する。

小ぶりの松ぼっくり(2.5cm位)と細めのワイヤー15cmにゴールドの
スプレーをかけて乾かす。

まず針金中央にに松ぼっくりを巻きつける。
リボン中心から左右に12センチずつでボウを作って松ぼっくりのワイヤーでとめるだけ。
リボンの端を山型に切り揃える。
関連記事

教室のお庭

【お教室の庭】11月の庭のお花

2014-11-05

11月のお花
我が家の小さい秋見つけた。

ウィンターコスモス(右上)
時間とともに黄から白へ退色していきます。

クリスマスにはつきものの西洋ヒイラギ。(左上)
今年も赤い実がいっぱい。
でももうすぐヒヨドリが ついばみに来るでしょう。

実家の父が種から増やした千両です。(下段中央)
年末は買わずにすむので助かります。
丈夫で虫もつかないので、お庭のある方にはおすすめですよ。

ささやかな紅葉はヘンリーづたです。(右下)
落葉性なのでお掃除が待っています。
関連記事

教室のお庭

| HOME | 次ページ ≫

ご案内

飯高 和美

Author:飯高 和美
メルヘンシャドーボックス 主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。


⇒日々更新ブログ

シャドーボックスの最新情報 ・ 作成風景 ・
お菓子やお花等、技法や趣味の話を幅広く
発信中。

⇒シャドーボックスキット・テキスト

なかなか手に入らない珍しいカードや、お教室で使っているテキストを販売中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。