検索フォーム

Top Page > 教室のお庭

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

【お教室の庭】12月のクリスマス飾り

2014-12-05

12月のクリスマス飾り
今回はお庭・・・ではなく、クリスマス飾りの紹介です。
我が家では毎年11月末からツリーやオーナメントを飾ります。

玄関のリースはパッチワークのパフの手法で作っています。
面倒見の良い上司の奥様に滞米中教わりました。
直径約40cmの土台にフェイクのポインセチアなどにぎやかにとめつけています。

子供が小さい頃大好評だったトップのお星様は、キットを手作りしました。
プラスティックのキャンバスをつないでから刺繍をしてレースを縁どっています。
(後ろのクラウドヴァランスも私の手作りです。)

クリスマスセールでゲットした組み立て式のツリーは毎年オーナメントを買い足してます。

白いリボンのオーナメントは、四谷の東京堂でリボンを買って作ったもの。
リボン中央は毎年両親と行く山中湖畔で拾った松ぼっくりを使っています。

リボンの作り方(1個分)
(出来上がり寸法は縦15横12cm)

縁にワイヤーの入った幅6から7cmのリボンを50cm用意する。

小ぶりの松ぼっくり(2.5cm位)と細めのワイヤー15cmにゴールドの
スプレーをかけて乾かす。

まず針金中央にに松ぼっくりを巻きつける。
リボン中心から左右に12センチずつでボウを作って松ぼっくりのワイヤーでとめるだけ。
リボンの端を山型に切り揃える。
スポンサーサイト

教室のお庭

【お教室の庭】11月の庭のお花

2014-11-05

11月のお花
我が家の小さい秋見つけた。

ウィンターコスモス(右上)
時間とともに黄から白へ退色していきます。

クリスマスにはつきものの西洋ヒイラギ。(左上)
今年も赤い実がいっぱい。
でももうすぐヒヨドリが ついばみに来るでしょう。

実家の父が種から増やした千両です。(下段中央)
年末は買わずにすむので助かります。
丈夫で虫もつかないので、お庭のある方にはおすすめですよ。

ささやかな紅葉はヘンリーづたです。(右下)
落葉性なのでお掃除が待っています。

教室のお庭

【お教室の庭】10月の庭のお花

2014-10-05

10月のお花

ウィンターコスモス(中央)
中心が濃い黄色で淡いクリームの花弁が愛らしい花です。
鉢植えは30cm程でも次の年には伸びて1メートルになります。
7月に切り戻しが必要です。

マーガレットコスモス(左上)
有名な花の名を合わせたみたいな名です。
四季咲きで発育旺盛。さし芽も簡単です。
我が家では窓から見えるところにこの花のプランターがあり
元気をもらっています。

コムラサキシキブ(右上)
名前が風雅で秋にしっとりと庭を彩ってくれます。
後ろはリュウノヒゲ。

サルビアレウカンサ(アメジストセージ)(右下)
はじめてこの花を見た時はびっくり。
布の繊維みたいな毛が生えてるので。

コンギク(左下)
紫色の菊は案外少ないですね。
日向なら丈夫で姿良く育ちます。

教室のお庭

【お教室の庭】9月の庭のお花

2014-09-05

9月のお花

むくげ 白くて 中心が赤いタイプ(中央)
発育旺盛で丈夫ですがアブラムシとの戦いの覚悟が要ります。
オルトラン撒いてもダメだと思っていたら、薬が効くのは人の背丈位までなんだそうです。

酔芙蓉(右列3段)
名前の由来はだんだん酔うようにピンク色が濃くなるところからだそうです。
鉢で育てて夕方から夜にかけて色の変化を観察しようと思っていましたが、
水遣り不足で3年間花を見られませんでした。
あきらめて地植にしたら上品な色の花がやっと花開きました。
こちらは毛虫と戦っています。

孔雀アスター(左下)
丈夫です。よく根から増えます。
春からそのままでは丈が高くなるので梅雨の頃30cm位に切り戻します。
ピンク色もあるのですがうちでは白が枯れる頃咲きはじめます。

ランタナ(右上)
単色の黄、白、ピンクもよく見かけますが、色の変化のあるこのタイプのほうが
育てやすく花が大きいですね。
葉に触るとちょっとベリーみたいな匂いがします。

教室のお庭

【お教室の庭】8月の庭のお花

2014-08-05

8月のお花

アブチロン チロリアンランプ(右下)
挿し芽もできます。花の造形がおもしろいです。

夏の定番ニチニチソウ(左列中央)
毎年この白を育てています。清楚なのが身上でしょう。

種から育てた朱のほうせんか(下段中央)
丈夫で育てやすかったです。
ありふれた花でも咲いてくれて感謝です。

ノウゼンカズラ(左下)
うちのは花つきが悪いのですが、6年目でやっと2枝花が咲きました。

教室のお庭

【お教室の庭】7月の庭のお花

2014-07-05

7月のお花

青い朝顔は毎日咲いて、通りがかりの小学生がよく見に来ます。

ナスタチウム(右下)
別名金蓮花です。

ピンクのアイビーゼラニウム(右列3段面)
普通のゼラニウムよりは葉が厚いせいか、雨にやや強いようです。

白と赤のアイビーゼラニウム(左上)
梅雨もやっと明けて元気になるでしょう。

サルビアガラニチカ(左中央)
メドーセージとも言うようです。

教室のお庭

【お教室の庭】6月の庭のお花

2014-06-05

6月のお花

やや落ち着いた風情の宿根草たち。

フクシャ(左下)は6月から12月まで咲きますが、咲き初めと秋口がきれいです。

ブルーベリーが熟しはじめる季節です。
ちょっとずつの収穫なので、レンジでチンしてヨーグルトに入れて味わいます。

アメリカンブルー(右下)
夏には欠かせない我が家の定番の花。涼しげな青です。

アガパンサス(右列中央)
カリフォルニアでもよくみかけた大好きな花。強いです。

教室のお庭

【お教室の庭】5月の庭のお花

2014-05-05

5月のお花

良い季節。しかし蚊との戦いはこれから。

アマリリスレモンライム(中央)

八重のベゴニア(右上)
薔薇咲きに弱い私。

秋に撒いた謎の種から育ったのは美女なでしこ(左下)でした。

カンパニュラアルペンブルー(右下)
ベル形のかわいい花を毎年つけてくれますが、根がすぐ張るので植え替えも毎年です。

教室のお庭

【お教室の庭】4月の庭のお花

2014-04-05

4月のお花

ハゴロモジャスミン(左列真ん中)
この時期はアプローチが毎年満開になり、家中いい香りになります。

こでまり(中央)もかわいいです。

恥らうように花弁の先が淡いピンクのつつじ(右上)です。
酸性の土を好みます。

黄のフリージアは植えっぱなし。
上にある柊に霜よけしてもらってます。良い香り。

こぶりのライラック(右下)
小さな花なのでシャドーの時は、この花の表現にてこずります。

教室のお庭

【お教室の庭】3月の庭のお花

2014-03-05

3月のお花

ヒメツルニチニチソウ(左下)
濃いめの紫色です。新芽がはえる時にお花が咲きます。

ムスカリアルメニカム(右中央)
一番強い品種です。毎年顔を出すお利口さん。

スノーフレーク(左4段目)は植えっ放しで年々株が大きくなります。
ベル型の花にグリーンのアクセント。不思議。

教室のお庭

【お教室の庭】2月の庭のお花

2014-02-05

2月のお花
パンジー&ビオラコレクションその2

紫のメネシア(右列3段)は四季咲きです。
冬でもすこしずつずぅっと咲き続けています。

クリスマスローズは花弁に見えるところが、じつは「ガク」なので、いつまでも散らず、
グリーンになって長く楽しめます。

教室のお庭

【お教室の庭】1月の庭のお花

2014-01-05

1月のお花

1月のパンジー・ビオラコレクション。
雪にも負けず半年咲いて健気けなげ。

教室のお庭

| HOME |

ご案内

飯高 和美

Author:飯高 和美
メルヘンシャドーボックス 主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。


⇒日々更新ブログ

シャドーボックスの最新情報 ・ 作成風景 ・
お菓子やお花等、技法や趣味の話を幅広く
発信中。

⇒シャドーボックスキット・テキスト

なかなか手に入らない珍しいカードや、お教室で使っているテキストを販売中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。